背景 黒 

  医院の特徴
◆眼科専門医による2診制(基本的に午後診・木曜日は1診制です。)
ロービジョンケアへの取り組み

薬や手術での改善は難しいと言われたとき、残っている目の機能を最大限に生かす視覚補助具などを選び、患者様の不便を少しでも減らす方法を探して行きます。

◆バリアフリー

入口にスロープを設置しています。院内各部屋・手術室まで段差のない完全バリアフリーです。

車椅子トイレも完備しています。

◆電子カルテシステムと画像ファイリングシステムの利用

診察中に病変の写真を撮り、その場でモニターに映し出して患者様への病状説明に活かしております。

ボタン(スタッフ.png ボタン(日帰り手術.png ボタン(LVC.png ボタン(往診.png
ボタン(CL.png ボタン(施設.png ボタン(目の病.png ボタン(リンク.png
みどりふくろう 休診のお知らせ
 
1診(医師 福永喜代治)       

しばらくの間、休診とさせて頂きます。

※2診(福永健作)の診察は通常通りです。

 
1診(医師 福永喜代治)       

7/11(水)の診察は休診とさせて頂きます。

※2診(福永健作)の診察は通常通りです。

 

 

みどりふくろう お盆休みのお知らせ

 8/13(月)〜8/15(水)は休診とさせて頂きます。
 
みどりふくろう その他のお知らせ
 
2017/6月
契約駐車場が増えました。
大手前パーキングも契約開始。

駐車券をお持ち頂ければ、1時間無料券を発行致します。(1時間超過分は患者様負担となります)

 
2017/4月
◆最寄りの駐車場は、中央地下駐車場です。
駐車券をお持ち頂ければ、1時間無料券を発行致します。(1時間超過分は患者様負担となります)
 

2016/5月

◆最新技術を搭載したレーザー光凝固装置PASCAL Streamlineを導入しました。

従来機にはなかった画期的な眼科レーザー装置で、より効率的な治療が可能になりました。

一度に多数のスポット照射が行えるため治療時間が大幅に短縮できます。

加えて、照射時間が短く、熱の発生が少ないので治療時の痛みが軽減されます。
 

2016/5月

3次元眼底像撮影装置DRI OCT Triton(以下OCT)を導入しました。


多機能眼底カメラを備え眼底深部まで撮影できる高侵達 OCTです。従来の画像よりも、より詳しい網膜の断面の観察が出来るようになり、これまで以上に網膜疾患、黄斑部病変、緑内障などの疾患が、早期かつ正確な診断が可能です。

 
2015/4月
◆遮光眼鏡トライアル新色4色追加しました。
パープル系は、カラーコントラストを強調し、視界の彩度を向上させる色で、『見えやすさ』『視界の色鮮やかさ』において同程度の透過率を持つ他色より高評価。女性に支持の高いカラーとして開発されました。
 
2015/3月
アレルギー検査「ImmunoCAP Rapid(イムノキャップ ラピッド)」始めました。

20分で結果がわかります。

項目はスギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、イヌ、ネコ、ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリの8種類です。

 
2015/2月

最新の白内障手術装置( センチュリオン®)を導入しました。

これまでの手術機械よりもさらに進化した高性能、多機能を兼ね備えた最新の機械です。コンピュータ制御でより安全に、目に負担が少なく白内障手術を行うことができます。

 

2014/7月

◆ボトックス治療始めました。

片側顔面痙攣、眼瞼痙攣に対してボトックス治療をしています。

ボトックス注射は薬剤管理上予約制で行っています。ボトックス希望の方は事前に当院にお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

手持ち眼圧計「icare(アイケア)」を導入しました。

非常に軽量のプローブが角膜と瞬間的に接触することにより点眼麻酔なしで眼圧を測定することができます。測定は患者さん自身がほとんど気付かないほど痛みがなく、素早く終了するため、お子様や車いすの方、認知症の方など、測定が容易でない患者様にも安心して検査を受けていただけます。

 

◆当院における感染症対策

受付時に院内感染のおそれがある患者さんは隔離してお待ち頂いています。またオゾン水にて毎回院内を消毒して院内感染防止に努めております。

 

◆学校医に就任

荒川幼小学校、城乾幼小学校、姫路東中学校、姫路北高校の学校医に就任いたしました。