姫路駅から北へ5分、日帰り白内障手術なら福永眼科医院へ!(姫路市)

お問い合わせはこちらへ

079-288-3051

医院施設

医院設備

受付

検査室

診察室

レーザー室

手術室

安静室

 

バリアフリートイレ

検査機器

レーザー光凝固装置 PASCAL Streamline

糖尿病網膜症、網膜裂孔、閉塞隅角緑内障、網膜静脈閉塞症、閉塞隅角緑内障などの治療に際して、レーザー光凝固を用います。

一度に多数のスポット照射を行うパターンスキャニングという最新技術の導入により、従来のレーザーに比べ均一の凝固を行うことができ、網膜への侵襲の低減、照射時の疼痛の軽減、治療時間の短縮、治療回数の低下を達成できております。

また、糖尿病黄斑浮腫に対する黄斑部マイクロパルス閾値下レーザーや開放隅角緑内障に対するパターンレーザー繊維柱帯形成術も施行できる機能を追加搭載しております

 

3次元眼底像撮影装置 DRI OCT Triton(OCT)

多機能眼底カメラを備え眼底深部まで撮影できる高侵達の画像解析装置です。従来の画像よりも、より詳しい網膜の断面の観察が出来るようになり、これまで以上に網膜疾患、黄斑部病変、緑内障などの疾患が、早期かつ正確な診断が可能です。 当院で導入しているトプコン社のDRI OCT Tritonは、眼底カメラ同時撮影機能や加齢黄斑変性の初期を検出する自発蛍光撮影機能や造影剤を使わなくても眼底の血管の状態を詳しく描出できる機能も追加搭載しています。

 

白内障手術装置(CENTURION®)

コンピュータ制御でより安全に、目に負担が少なく白内障手術を行うことができます。

最先端のテクノロジーを駆使したCENTURIONは、手術中に変化する灌流圧を自動的・継続的にモニタリングして、眼内圧の変動を抑制する業界初のシステムを搭載しています。

手術中の眼内圧の変動を抑えることで、手術のリスクを低減し、手術の安全性・安定性・効率性の向上を実現しています。

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

眼軸長(眼球の長さ)測定は、白内障手術の際に目に入れる眼内レンズの適切な度数を決定するための重要な検査です。

従来の眼軸測定装置に比べ目に直接触れることなく測定ができるため、眼球のわずかな動きからくる測定誤差が少なく、短時間で正確な測定ができます。

白内障の術前検査の他、角膜疾患、屈折矯正手術後(レーシック)等の困難な度数設定にも役立ちます。

079-288-3051

〒670-0902 兵庫県姫路市白銀町40