姫路駅から北へ5分、日帰り白内障手術なら福永眼科医院へ!(姫路市)

お問い合わせはこちらへ

079-288-3051

緑内障について

緑内障とは?

  • 日本では失明原因、第1位
     
  • 何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。
    ※眼圧の正常範囲:10〜21㎜Hg

     
  • 自覚症状はほとんどありません。末期まで中心視野は残るので、視力は良好なため知らないうちに病気が進行していることが多くあります。初期・中期で異常に気付きません。

視野障害の進行  イメージ像※右眼

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。自分自身で異常に気付くことはありません。

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気付かないことが多いです。

末期

視野はさらに狭くなり視野も悪くなって、日常生活にも支障を来たすようになります。さらに進行すると失明に至ります。

治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるために、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては、点眼薬の投与、レーザー治療や手術が一般的です。基本的に点眼薬の投与から始まることが多く、治療は生涯にわたり、眼を守るために続けます。緑内障とうまくつきあうために、自分の病状を正しく理解することが大切です。

早期発見・早期治療

自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは、早期発見・早期治療です。一度障害された視神経をもとに戻す方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

40歳以上の方で20人に1人の割合で発症するといわれています。

定期的に眼科受診しましょう。

079-288-3051

〒670-0902 兵庫県姫路市白銀町40