姫路駅から北へ5分、日帰り白内障手術なら福永眼科医院へ!(姫路市)

〒670-0902 兵庫県姫路市白銀町40

お問い合わせはこちらへ

079-288-3051

加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性とは?

人の網膜には、物を見るために最も重要な「黄斑」という部分があります。加齢とともに、この黄斑に異常が起こる疾患です。

日本では、50歳以上の1.2%がこの病気になると言われています。

主な自覚症状

見たいと思う視野の中心部が見えにくくなり、進行すると視力が大幅に低下します。

変視症

物や線がゆがんで見える

中心暗点

視野の中心部が欠けて、見ようとする所が見えない

視力低下

物がはっきり見えない

原因と日常の注意点

加齢のほかに、喫煙紫外線も発症原因といわれています。

注意点
  • 早期治療で視力は保つことができます。
  • 定期的に眼のチェックをしましょう。
  • バランスのとれた食事(特に緑黄色野菜の摂取)を心掛けましょう。

チェック方法

  1. 必ず片眼ずつ見てください
  2. 老眼鏡をかけてください
  3. 30㎝離してチェックして下さい
     

早く異常に気づくために日頃から見え方をチェックしましょう!!!

治療

​治療は、新生血管の発生をおさえるお薬を直接眼球に注射して行います。この治療で視力の維持または改善が期待できますが、治療を継続する必要があります。

サプリメント

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントをとると加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。当院ではサプリメントを取り扱っています。