姫路駅から北へ5分、日帰り白内障手術なら福永眼科医院へ!(姫路市)

お問い合わせはこちらへ

079-288-3051

後発白内障について

白内障手術のあとに・・・

せっかく白内障手術を受けてよく見えるようになったのに、手術後しばらく経った時になんだかまた見えにくくなってきたと感じるようになってきたらそれは、別の病気にかかったためという場合もありますが、よくあるのは、後発白内障による視力低下です。

後発白内障とは

白く濁ってしまっている部分が
後発白内障です

白内障手術の時に眼内レンズを入れるために、水晶体の透明な袋(カプセル)を残してその中に眼内レンズを挿入します。このレンズ自体が濁ることはありませんが、残しておいたカプセルに濁りが生じることがあります。

めずらしい病気ではなく、白内障手術を受けた人全員に見られます。しかし程度はさまざまで、カプセルの中央に濁りがおよばなければ問題にはなりません。

後発白内障の発生率はおよそ手術後、1年で10%、3年で20%、5年で30%くらいとされています。

治療について

レーザーの衝撃波を利用し、カプセル中央の濁りを切開し、除去します。

治療は、点眼麻酔をし、座った状態で特殊なレンズを目の表面につけてレーザーをあてます。

カプセルにレーザーを当てるだけなので、痛みはなく、ほとんど数分で終了します。

079-288-3051

〒670-0902 兵庫県姫路市白銀町40